会長あいさつ

2020年6月1日
日本獣医学会理事長 久和 茂 
第163回日本獣医学会学術集会会長 岩田 祐之

4月24日付で第163回学術集会は現地開催を中止し、Web開催とさせていただく旨の連絡を学術集会ホームページに掲載させていただきました。開催方針の変更について、補足説明させていただきます。


新型コロナウイルス感染拡大に伴い、4月7日に緊急事態宣言が発令されました。大学においても教育活動および研究活動が自粛されるようになりました。このような状況のもと、9月開催予定の学術集会について、司宰機関の山口大学と学術集会事務局、大会長と担当理事の間で、複数回にわたりWeb会議およびメール会議で検討を行いました。感染拡大のリスク、会場確保、プログラム作成準備などの観点を考慮し、1)延期、2)Web開催(あるいは誌上開催)、3)中止、について議論いたしました。その結果、Web開催の準備を開始することになりました。


若手研究者の口頭発表する機会が失われたことについては、私たちも大変残念に思います。しかし、それに代わる発表の場を提供させていただくことを最優先に考えて、Web開催を試みることにいたしました。是非、この試みに積極的にご参加していただき、今後の学術集会のあり方を考える機会にしていただきたいと思います。


演者登録と参加登録が6月16日(火)から始まります。会員の皆様方の例年どおりのご参加とご協力をお願い申し上げます。